ほとけの子ども初参式

ほとけの子ども初参式

4月2日、明願寺本堂にて仏教婦人会の皆さん主催のもと、ほとけの子ども初参式、入園・入学お祝いの会を開催しました。(初参式について詳しくはこちら

P4020261

 

 

 

 

 

 

息子のお友達も来てくれてなかなかにぎやかになりました。

初参式の流れ

DSC07381

 

 

 

 

 

 

合掌礼拝のレクチャーのちに開式。まずは住職より記念の念珠をいただきます。続いて住職のあいさつ。

P4020085

 

 

 

 

 

 

それから仏教婦人会の方による献花献灯です。お花とロウソクをお供えして、お焼香を捧げます。そののちにお勤め。お勤めは正信偈のお勤めです。その間に子どもさんと焼香・献花をしていただきました。最後にお坊さんと記念撮影をして閉式です。この20年ほど内容はほとんど変わりませんが、来ていただくお子さん、お父さんお母さん方に過ごしてもらいやすいようにブラッシュアップしています。

これからのお寺のあり方

P4020238

 

 

 

 

 

 

門信徒、檀家制、そうした枠だけに囚われないあり方を考えていくことは大切だと思います。もちろんこれまでお寺を支えていただいた方との関係性を大切にさせていただくことは言うまでもありません。けれそもお寺は地域に根ざしているものですし、 地域コミュニティの弱体化が叫ばれる昨今の状況はお寺の基盤を揺るがすものでしょう。

キッズサンガもそうですが、どなたでもきていただける居場所になればと思っています。

このご縁から明願寺を居場所と思える人が出来たらいいなと感じることです。