アースデイいわきinなごやでボランティア

お坊さん久屋大通公園に立つ。

ということで久屋大通公園(栄の松坂屋の前)でのイベント、アースデイいわきinなごやにボランティアとして参加して来ました。

きっかけは昨年岡崎市で行われた福島県のお子さん受け入れの保養プロジェクト。ここで岡崎から福島県いわき市に嫁がれ、現在岡崎在住の方と出会いました。

被災者であり、支援者のリーダーでもある彼女からさらにつながりは広がって、いわきから小牧に避難された男性を紹介されました。彼がこのたびいわきで開催していたイベントをこちらでも開催したい。愛知と福島をつなげるイベントをしたいということで、何かできないかということだったんです。

準備も短期間だったこともあり、お坊さんつながりの動きはできませんでしたが、個人的にボランティアに参加して来ました。声掛けしていったのが本当にこのひと月ほどのことで多くのボランティア団体さんも大変だったでしょうが、それぞれが適宜動いて素晴らしいものが作り上げられました。

IMG_2295主催者のYさんはインディアンのテント(ティピー)を作るお仕事されていることもあり、今日はインディアンの酋長さんになってました。僕も影響されてお坊さんの格好に(・∀・)会場にマッチしていたかは?ですが、僕らしく。そしてお坊さんもこんなことしてるのよってちょとっとアピール(やりすぎか?!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ステージではさまざまなパフォーマンス。和太鼓カッコイイ!!

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今日の参加者は5000人とのこと(主催者発表)。すごいなぁ。こんなに支援の輪が広がったんだと感動。支援活動始めてからほんとに感じますが、それだけ無理だと言われていても本気でやれば、みんなが助けてくれる。温かい人はいっぱいいる。そんなことを感じます。

明日も頑張ります。すこし風が強くて寒かったので明日はもう少し暖かくしていこう。